困っていませんか?ネコちゃんの玄関からの逃げ出し

 毎日、愛猫との間で、玄関ドアの前で繰り広げられる攻防戦。
ネコは外に出たいし、あなたは出て欲しくないし。

 小さな窓は比較的対策が簡単だけど、問題は玄関です。
ここはどうしても人間が通らないといけないから。

 外に出してしまうと、不幸な交通事故に遭ったり、
他の猫から病気を貰ったりと外の世界には危険がいっぱい。

 もちろんご近所さんに迷惑をかけることも心配です。ネコがよそのお宅のお庭で
排泄しちゃうと、ニオイがアレなのでけっこう嫌われていますから。
それに考えたくないことですが、世の中には動物を故意に傷つける人間も...

 それに、抜け出されると毎回探すのがたいへん。好物を手に
手あたり次第に呼びかけて回らないといけません。しかも、
万がいち帰ってこなかったらと考えると...(泣)

おすすめは玄関前にパネルドアを取り付けること

 猫ちゃんの玄関からの逃走に最も効果的なのは、玄関前の廊下などに
後付けで、さらにもう1枚ドアを取り付けて二重ドアにすることです。

 これなら、人間が帰宅した場合はネコちゃんは内扉に阻まれて
玄関からスルリと抜け出せませんし、人間が外出する際にも
内側のドアをネコちゃんが抜けても、玄関ドアをが脱出を阻んでくれます。

 この場合、お奨めなのは普通のドアではなくて、
ドアの向こうが見えて声も通る「柵」で出来たパネルドアです。
なぜなら、死角がなくてドアの向こうの様子がわかるので、
猫ちゃんや他の人間がどこにいるか確認出来て、さらに飛び出しが
防ぎやすいからです。

 しかもドアの柵のタイプは、格子型ではなく、桟が縦のみの
柵タイプを絶対にお奨めします。
なぜって、格子型だと猫ちゃんだと簡単によじ登れちゃうからです。

 さらに、既製品の猫脱走防止ドアにはいろいろなタイプがありますが、
人間が頻繁に通る玄関前に設置することを考えると、
全面が開くタイプの1枚ドアタイプが絶対にお奨めです。

 なぜなら、玄関前の廊下に2枚タイプのスライドドアを設置してしまうと、
廊下の半分の幅しか通れないことになるので、
荷物を持って通るのにたいへん不便だからです。これは意外と盲点なんですが。

 また、観音開きの2枚ドアタイプでも、1枚のドアの幅は廊下の半分に
なってしまい、ドアを2枚とも開けるにしても、
ネコ脱出防止用のカギも開けなければならないことも考え合わせると、
荷物を持ちつつ両手を使って開かなければならないのは不便だからです。

 ここまでの条件を考え合わせると、私の一押しは...